カンボジアの昔話/クメール正月の話
 



「クメール正月の話」(カンボジア全土)

 

クメール正月はカンボジアの重要なお祭りで、4月の13日か14日から3日間行われます。

世代を超えて語り継がれる話の中に「何故クメール正月を祝うのか?」というお話があります。

昔々、トムバル・コマールという若い男がおりました。彼は通訳ができ、バラモン教/ヒンズー教の聖典/ヴェーダを素晴らしく理解が出来ました。

彼が7歳のとき、彼の父は息子の為に大きな木の下にお寺を建てました。

沢山の種類の鳥が住む、土手にある木の下です。

トムバル・コマールには鳥の言葉がわかるという能力もありました。

彼の知識と態度はその時代のすべての階層の人々にとっての政治、宗教的に重要な人物となりました。

トムバル・コマールの話を聞いた別の宗教的リーダーのカベル・モハ・プロム(四つの顔を持つ神)はトムバル・コマールに三つの質問で挑戦しました。

7日間の内にトムバル・コマールは3つの質問の答えを見つけ出さねばなりませんでした。

さもなければ彼の頭は切り落とされるという事です。

そしてもしトムバル・コマールが正しい答えを見つけ出したら、その際はカベル・モハ・プロムが首を斬られるというものでした。

トムバル・コマールは数日間答えを見つけだそうと試みました。

しかし6日目に、カベル・モハ・プロムに正しい答えを見出せないだろうということを悟りました。

彼は死を恐れ、自暴自棄になり人生から逃げ出すことを決めました。

しかし幸運にもトムバル・コマールが木の下で休憩をしているときに、頭の上でオスとメスのワシが会話をしていました。

メスのワシが夫のワシに問いました。「明日は何を食べられるんだい?」

「私たちは明日トムバル・コマールの新鮮な肉にありつけるよ」

とオスのワシが答えました。

「しかしなぜ?」メスのワシが尋ねました。

「なぜならトムバル・コマールはカベル・モハ・プロムの質問に答えられずに首を切り落とされるからだよ。」

とオスのワシが答えました。

「その質問ってどんなものなの」メスのワシが尋ねました。

「カベル・モハ・プロムはこんな質問をしたんだ

@ 朝の人々の幸せとはどこにあるか?
>朝の人の幸せとは顔にあるんだ。だからみんな朝に顔を洗うんだ。」

A 午後の人の幸せとはどこにあるか?
>その答えは胸にだから午後に人は胸を洗うんだ。
(カンボジア人、特に農民はお昼時に暑さをぬぐうために胸を水で洗い、そしてお昼ご飯を取ります)。

B 夜の人の幸せはどこにあるか?
>その答えは足にある。だからだからベットに行く前に足を洗うんだ。
(すでにシャワーを浴びていても、寝る直前には足を洗います)

トムバル・コマールは質問の答えを知ることが出来てとても幸せでした。

そして幸せな気分で寺に帰りました。

 

約束の七日目、カベル・モハ・プロムはトムバル・コマールから3つともすべて正しい答えを聞きました。

カベル・モハ・プロムはトムバル・コマールの知識に驚き、そして首切りのルールにのっとりました。

彼は首切りの前に彼の7人の娘に会うことを要求しました。

「私のいう事をよく聞きなさい」とカベル・モハ・プロムは7人の娘に言いました。

私の首が切られてのち、首を大地へ投げればたちまち大地は燃え上がる。

もし首を空になげれば、嵐が来て、雨が降り、稲妻が走る。

もし首を海に投げれば、海はたちまち消えてなくなるだろう。

だから娘たちよ、私の首を金のお盆に置いてはくれまいか。」

そういうと、自分自身で首を斬り、首を一番上の娘のトンサ・テビーに渡しました。

トンサ・テビーは首ののったお盆を右手に持ち、セレモニーのようにプレシュ・ソメル山の周りを他の6人の姉妹たちと百万の天使たちと一時間歩きました。

そしてトンサ・テビーはチベットのカイラス山まで旅を続けました。

旅の後に百万の天使たちは天国に帰っていったということです。

 

そして毎年同じ日に、7人の天使、カベル・モハ・プロムの娘たちは戻ってきて、首をとり、トレイにのせ他の天使に渡してプレシュ・ソメル山の周りを行進するという事になりました。


ーおわりー


【解説】カイラス山とは西チベットにある標高6,638mの聖山です。
チベット仏教はもちろんのこと、ヒンズー教徒にとっても聖山として信仰の対象となっています。
この「クメール正月の話」からはヒンズー教のヴェーダを学んでいる登場人物やカイラス山など、カンボジアが古くからヒンズー教の影響を大きく受けていたことが分かります。
またこの点が隣国のタイやベトナムの文化と大きく異なり、インドシナ半島におけるカンボジアの独自性のひとつかと思います。





Copyright (C)2009 SANDAL. All rights reserved