カンボジアの昔話/ハヌマーンの薬草さがし
 



「ハヌマーンの投げた山」(シェムリアップ州)



ある日、将軍ハヌマーンは国王のプレア・リアムより任務を賜りました。
それはジャイアントビリープの矢で傷ついた王の弟プレア・リークの治療のために、薬の木を見つけてくるというものでした。


ハヌマーンがまだサルだった頃から親しい友人だった王さまは、探している薬の木が「チョン・クロン・スワ」すなわち猿の木″であるということを言えませんでした。

なぜなら王さまはハヌマーンが「猿」という言葉を聞いてバカにされたと落胆し、薬の木を探しに行くことを辞めてしまうのではと心配したからです。


一方、ハヌマーンは、薬の木を見つけ王さまの元に持ってきました。しかしそれは王さまの求めた木ではありませんでした。


それからハヌマーンは他の薬の木を見つけ、再び王の元へ参りましたが二度目の木も王様の求めた薬の木ではなく、三度目も結果は同じでした。


そこでハヌマーンは「トロンバット山」の半分を切りとり、今度はプレアリアム王自身に薬の木を見つけてもらうことにしました。


王さまはお目当てだった“猿の木”と呼ばれる薬の木を見つけました。
ハヌマーンは『王さまが探していたこの木なのですか?』と落胆して言いました。
それは有名な薬の木で、誰もがその名前を知っていたからです。
「はじめから分かっていれば山の半分も持って来ることはなかったのに」とうっかり愚痴を言ってしまいました。


弟のプレア・リークが回復した後、山はもはや必要なく、王様はハヌマーンにこれを元に戻してくるように言いました。


山が元々あった場所はとても遠い場所です。そしてハヌマーンの怠惰な性格もあり、運命にまかせ山半分を適当に放り投げることに決めました。

ハヌマーンは力いっぱいに山を放り投げ、山は現在の位置へ。しかし上下が逆さまになってしまいました。元々山の頂上だった部分が下に、そしてハヌマーンが切り取った山の中腹が新しく山頂になり「プノン・クロム」となりました。


この山のオリジナルの名前は・・ワットクノンプノンクロン。薬の木「チョンクロンスワー」は今でも山の頂上に自生していており、クルクメールというカンボジアの医者も、この山に薬の木を求めてやってきます。


ーおわりー




Copyright (C)2009 SANDAL. All rights reserved